面白い画像を随時アップします。クリックすると画像が大きくなります。
by manzenjirou
カテゴリ
全体
焼酎
日本酒
最近思ったこと
在日三世として
興味ある話。
読んだ本の記録
以前の記事
2009年 12月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


佐藤というブランド。

「佐藤」この焼酎こそ焼酎ブームから躍り出た超有名ブランドだ。

3Mに肩を並べる知名度があると思う。実際うちの店でも
「おっ!佐藤あるやん。」と「佐藤」を認識する客が多い。
しかし、白と黒の両方あると知らない方も多い。そういう人に限って焼酎はなんでもいい
と思ってる人が多いのも確かだ。たまたま「今日はさっきので終わりなんですよ」というと
「あっそう、じゃぁいいちこでええわ。」というひともいる。いいちこは麦だし。。置いてないし。。


最近、森伊蔵メールの掲示板上で評判が悪くなっている。

前の関平名水仕込の表示の時と今の本格焼酎に変ってから味が落ちたと。。

はっきりいって、それは無いと思う。
単純に、ラベルが変ったのはなんか裏があるんじゃないか?
というかんぐりのもとで、味わうからだろう。

ほんとに、味が落ちたとするのなら、2年前の焼酎ブームと芋不足のダブルパンチのときからであろう。正直、あのときは出荷規制しながらの販売であったが他の蔵に比べたら確実に商品自体はあった。もちろんその蔵の石数以上にと感じられた。

色々な噂がまことしやかに流れた。たとえば
「なんか、焼酎の蔵元が集まる会合があって、佐藤さんがみんなに「原酒あまってない?」と
誰彼かまわず聞いてたらしいで。」とか。。

真実味がある話だが、個人的にはほんとでもかまわない。それだけの味を作れるのなら。
だから、この時期の焼酎こそまずいのでは?と思う。今は曲がりなりにも蔵を大きくして
自分のとこで作っているのだから、一定のレベルの味になってるはずだ。

そして、また森伊蔵メールの掲示板上での話だが、今裁判中であと2年もしたら佐藤をつくれない?又は、ある酒屋グループの元で造り安定供給されるだろうと。

裁判はほんとらしいが、(負けるのは確実らしい)その後どう転ぶかはわからない。
まぁ、裁判沙汰まで起こしてそのあと仲良く出来ることはないだろうが。

そして、最近思うことだが「さつま」という名前がこの半年ぐらい浮かび上がってきた。
佐藤酒造のレギュラー酒だ。この焼酎の評判が良くなってきた。
佐藤の評判が悪くなってきたときにレギュラー酒の価値が高くなってきた。。。。なぜ?

あと、2年で佐藤が作れなくなるとしたら、蔵としては次の人気商品を出す必要性がある。

そして、今まさに、「さつま」自身が準プレになってきた感がある。

自分の考えすぎだろうか、全てがリンクしていくような。。。。

佐藤さんと酒屋が笛を吹き、消費者が踊らされている姿が。。。。

そして佐藤さん達の笑い顔が「さつま」の瓶越しに見える気がしてならない。
[PR]
by manzenjirou | 2005-08-15 15:36 | 焼酎
<< 酔ってます。 ご冥福を。。 >>