面白い画像を随時アップします。クリックすると画像が大きくなります。
by manzenjirou
カテゴリ
全体
焼酎
日本酒
最近思ったこと
在日三世として
興味ある話。
読んだ本の記録
以前の記事
2009年 12月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


実績って・・。

酒屋さんと話をしていると、よく聞く言葉があります。

「オヤジさん、これがあるんだから、あれは入らないの?」

「いや、蔵元に言ってるんだけど、実績ないでしょ?と、言われたら、言いようが無いんやわ。」

というようなお話です。

確かに、今まで、どれだけその蔵に貢献してきたかという、お話です。

今までは、全然売らないのに、このブームやから、欲しいというのはむしが良すぎるんじゃ?

と、蔵は思ってるかもしれない。

確かに、1面的にはそういう話があるだろう。わかる。

しかし、良く話を聞くと、違った面も見えてくる。

「結構、コンスタントに売ってたんだけど、たまたま、3ヶ月間あまり売れなくて、注文を少なくしたんよ。そしたら、その時期での実績で、くれる本数が決まっちゃったんだよ。」

という、お話を何店舗かで聞いたことがあります。もちろん違う蔵の銘柄です。

今までの実績ではなく、何故その時期?意地悪な考えをすると、今、本数が足りないから、この酒屋はこの期間、あまり取ってないから、ここの実績で本数を決めよう。としてるかもしれない。それで本数を確保してるのかも?ほかの酒屋と話を突き詰めると、実績を決める期間が全く違うかもしれない。

ある蔵元の話。ある酒屋がずっと扱ってた銘柄があります。その蔵に別の人気銘柄があります。で、その銘柄が欲しい。と蔵元に言った所、「実績ないでしょ?」

実績ねぇから聞いてんだよ!と心で叫び、そうですね・・・と引き下がったみたいです。

付き合いのある酒屋に対して、もう少し優しい言葉がかけられないのでしょうか?

佐藤さんや、西さんみたいに年間本数スケジュールを決めてるほうが良かったかもしれない。しかし、ブームが沈静化してきたときに、この方法だと余ってくる。

どっちが良かったのかわからないが、最近「実績ないでしょ?」という蔵の焼酎は飲みたくなくなってきた・・・・
[PR]
by manzenjirou | 2006-04-08 01:03 | 焼酎
<< 久しぶりの再会。 麒麟 一番しぼり 無濾過生 >>