面白い画像を随時アップします。クリックすると画像が大きくなります。
by manzenjirou
カテゴリ
全体
焼酎
日本酒
最近思ったこと
在日三世として
興味ある話。
読んだ本の記録
以前の記事
2009年 12月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


感動した。

京都で泊まってた時にテレビを見てたら、目の不自由な夫婦の話があった。

どちらも目が見えない。

そんな障害を乗り越え結婚。

誰の手助けも受けず生活を送る。

奥さんは自分で買出しに行き、自分で包丁を使いご飯を作る。

すごいことだと思う。

全てが暗闇の中で行動をしてるのと一緒だ。

そして妊娠。

彼らは先天性の目の異常で見えない。

子供も遺伝で見えない可能性がある。

その話題になったときに奥さんが「そのときはそのとき。それでも私達は普通に生きてる」という趣旨のことを言われた。

生まれた子供が可哀想。と言う気持ちと、そこまで覚悟してる親の凄絶な思い。

どちらがどう。ということは部外者がいうことではないが、みていて涙が止まらなかった。

結局、生まれた赤ちゃんは、今の所異常は無かったみたいだが、子育ても大変だ。

なんせ、目が見えない。

目が見えてても赤ちゃんの世話は大変だ。なのに全て感覚、触覚で育てなければならない。

言葉に表せないが、がんばって欲しい。

貴方たちに光りは見えないかもしれないが子供には光が見える。

そしてその光が貴方たちを照らしてくれるかもしれない。

普通に育って、普通に生きてる我々は幸せ者です。
[PR]
by manzenjirou | 2007-01-13 02:32 | 最近思ったこと
<< 牧場の櫻。 京都に行きました。 >>