面白い画像を随時アップします。クリックすると画像が大きくなります。
by manzenjirou
カテゴリ
全体
焼酎
日本酒
最近思ったこと
在日三世として
興味ある話。
読んだ本の記録
以前の記事
2009年 12月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


危険運転致死傷罪

またまたアホな裁判官の話です。

福岡地裁のあの裁判官はアホだ。

これは高裁で多分覆されるだろう。

法的解釈はどう考えたって危険運転致死傷罪にしてもおかしくない。

なのに、被告の有利な証拠だけを取り上げてる。

多分、彼はまじめな人間なのでしょう。

夕方の6時から事故を起こす直前まで飲んで時速100キロで走る行為がどれだけ無謀なのか?ましてやその中でわき見をすることの恐ろしさを体験したこと無いのでしょう。

俺もそこまではしたことはないが、安易に想像できる。

そもそも危険運転致死傷罪というのが作られたのは、飲酒や無謀運転で殺した人間が5,6年で罪を終えるのはおかしい?ということで出来た罰だろう?

としたら、飲酒をして酒気帯びだろうが酒酔いだろうが、人を殺したら適用するというのが筋ではないのか?

この事件で適用されないということは一体どういう事件で適用されるんだ?

酔って50キロ制限のところを100キロで飛ばして子供を3人殺しても適用されない危険運転致死傷罪というものが存在する意義はあるのか?

はっきりいって、この裁判官はびびったんだろう。

自分の判例がもしかしたら基準になるかもしれない。

そういうことに自信がもてなかったのだろう。多分。

だけどここで、適用して飲酒をして事故を起こして人を殺してしまえば、大変な罪になる。ということを日本中にしらせてやればいいじゃないか。

それがこの様な不幸な事件が起こらないようになる、抑止力になるんだよ。

たとえば、高裁や最高裁で覆されても彼はヒーローになってただろう。

せっかくのチャンスをむざむざ捨ててしまった彼はアホだ。

検察は控訴するだろう。たぶん最高裁までいくでしょう。

そこで基本になる判例になるでしょう。

もちろん危険運転致死傷罪の適用になることを祈ります。

あっ、高松高裁のあの裁判官が裁判したらよかったんだよな。

そしたら間違いなく危険運転致死傷罪になってるのに。
[PR]
by manzenjirou | 2008-01-08 14:45 | 最近思ったこと
<< まことに勝手ながら 警察VS庶民 >>