面白い画像を随時アップします。クリックすると画像が大きくなります。
by manzenjirou
カテゴリ
全体
焼酎
日本酒
最近思ったこと
在日三世として
興味ある話。
読んだ本の記録
以前の記事
2009年 12月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

これはなんですか・

d0062164_1732174.jpg


みなさん、これの名前はわかりますか?
普通に「紙ナプ(フ)キン」ですよね。

うちにいる高校生の男の子に「紙ナプキン補充しといて!」といったら、「?」という顔。

再び、「しゃ~から、紙ナプキン補充しといて!」と、いっても「?」という顔。

しょうがなく、「これや、これ!」といったら、「あ~、はよいうてくださいよ」だって。

「何回もいうたやないけ!うん?もしかして名前しらんかったん?」

「はい・・・。」ていうか、なんやおもてたん?と聞くと「白いやつ」

「ハァ~~~。」その場に3人ぐらいバイトがいたから

「こいつ、この名前も知らんかったんやて(笑)」と笑いがおきるかなと思ったらシーン。

「おいおい、まさか・・・・自分らも知らんのか?」

みんな「はい・・・・。」

これは、うちのバイトがアホなのか、ジェネレーションギャップなのか・・・・?

ちょっとびっくりでした。

たしかに、在庫聞かれたときも「この白いの、どこにありますか?」と聞いてたきがする・・・・
[PR]
by manzenjirou | 2005-11-29 17:03 | 最近思ったこと

全量無濾過全量新焼酎園乃露原酒。

d0062164_1333815.jpg


園の露です。
左は、去年分の園の露無濾過原酒(無原)。
右は今年の全量無濾過全量新焼酎園乃露原酒(新無原)です。

ラベルが(無原)の場合は、通常の35度原酒とは違ってたんで分かりやすいんですが、(新無原)のほうは、35度原酒と同じラベルです。

もしかして、間違って送ってきたんじゃないか?と思い問い合わせると、「ラベルは35度原酒と同じです。今現在35度原酒は作っていないので(新無原)に間違いない」ということでした。

さて、この長ったらしい名前の焼酎は字の通り、今年の新酒100%で無濾過原酒ということになります。(無原)のほうは、ブレンド酒(味の調整の為、熟成酒(古酒)と混ぜたもの)だそうです。(無原)であのパンチですから、どんな味わいなのか期待がもてます。

今日は、ron様迎撃(撃ち落としていいの?)off会です。
そのときに開ける予定です。
[PR]
by manzenjirou | 2005-11-26 13:03 | 焼酎

ひょうすんぼ。

d0062164_252532.jpg


松露酒造さんの隠れアイテム?です。

そんなに出回ってないですね。

ある酒屋のHPで発見しましたが在庫がなく、いつ来るかわからないとの返事。

芋焼酎ブームの余波なのか、それから返事が全く無かったが、1年前ぐらいに「入荷しました」との連絡。すかさず発酎しました。

その頃は、104号にも出会い、マイブームが松露だったためかなりうれしかった。

早速試飲した。

どちらかというと、心水みたいな無濾過系か?しかしあれよりはまろやかな気がする。

開けて1年ですが、今でも白濁(あ~、彼らに付け入るスキを・・・)しています。

味わいは、まろやかでありながらパンチがきいています。

久しぶりに飲んだがうまいやこれ!
[PR]
by manzenjirou | 2005-11-25 02:05 | 焼酎

カップ酒。

最近東京で流行ってるらしい。

大阪でもそろそろ足音が聞こえそうな気がします。

日本酒の活性化には良いことでしょう。

この「ブーム」にのって、カップ酒を造ってないところでも作ろうという動きがあるそうです。

1台、何百、何千万とするそうです。

借金してまですることはないとは思いますが、マスコミに煽られてやってしまう蔵が出てくるかもしれない。

まぁ、それは蔵の責任なのでどうでもいいんですが。

少し懸念があるんです。

そう、それは大手のメーカー(大関、日本盛、等)が参戦してきたらどうなのか?

今は、地酒のカップ酒が流行ってるわけで、この大手のアルコール飲料カップ酒が全国に出回る、それも宣伝、CMがアホみたいに流れる。しかも地酒より若干安い。

今のブームはうまい酒(多分)がありき、だと思うんですが、正直大手のまずいカップ酒が出回ったらどうなるか心配です。

焼酎の場合は、大手の白波でも普通の「純芋焼酎」が基本だったわけで、日本酒の場合は「純米酒」が基本ではなく「アル添酒」が基本なんです。

つまり、良いものと悪いものの差が焼酎よりも大きい。

このカップ酒を仕組んだ東京の酒屋さんはそこを考えて宣伝して欲しい。自分のところのは大丈夫だ。ではなく、日本酒業界のことまで考えて・・・・あと、マスコミや、食雑誌の各社さんも。

今回これで失敗すれば、又日本酒の冬の時代が長くなりそうな予感がします。


基本的に業界が活性化しそうなので、このカップ酒の好調は続いて欲しい、そして日本酒がもっと売れて欲しいとは切に思います。

うちでは、やる予定はないですけど。
[PR]
by manzenjirou | 2005-11-24 14:17 | 日本酒

ベスト3です。

突然ですが、最近のベスト3です。
あくまでも、この1ヶ月程度の感想です。

ロックで飲んでいますが、
1、松露104号、
2、小鹿本にごり白
3、ゆの鶴、万膳
小鹿本にごり白はろっくでも、前割り燗でもかなりうまいです。
104号はいつでもうまい。
ゆの鶴、万膳はその時によって、評価は分かれます。
とりあえず、小鹿本にごり白はうまいです。
[PR]
by manzenjirou | 2005-11-22 02:07 | 焼酎

日向芋っ子。 

d0062164_1540541.jpg


小玉醸造 甕仕込み18年貯蔵 日向芋っ子です。

原料 ジャガイモ、麦 30度  800本限定です。

陶器ボトル様、買って来ましたよ。どうしましょ?

メールの調子が悪そうなので、こちらで書き込みしてもらっていいですか?
[PR]
by manzenjirou | 2005-11-19 15:40 | 焼酎

結婚します。

昔、7年ぐらい一緒に住んでた彼女がいました。

付き合って、1年で親に挨拶しに行くも、あえなく撃沈。

そこから、彼女が一人暮らしするといって家を出て一緒に暮らすようになった。

うれしいこと、悲しいこと、楽しいこと、くやしいこと、20代の青春の全てを、二人で一緒に味わってたと思う。

結局いろいろあって、5年前に別れることになりました。

それからも、電話、メール、横浜に行く用事があるときは、二人で飲みに行くこともあるぐらい、いい友達関係になれました。

つい先日、その彼女から電話がありました。

「こんばんわ、いまなにしてんの?」

「え、別に何もしてへんで。」

「ふ~ん、ちょっとさぁ、報告することがあるの。」

「おっ、なんや、妊娠でもしたんか(笑)」

「うん・・・・、それはないけど・・・・、今度結婚することにしたの。」

「えっ・・・・あ、えと、うん、、おめでとう。よかったやん!」

「ありがとう。」

と、そのあとは、彼氏の話や、近況報告をして電話を切りました。

切り終えて、「そうか、あいつも結婚するか~」と、何気なく思ったら、

涙が一筋、ほほを伝っていきました。

「えっ、なんで?」

別に彼女のことが今でも好きで、悲しいわけでも、くやしいわけでも、ないです。反対にうれしいぐらいなのに、何故か涙が・・・

もしかして、心のそこに彼女の影がまだちらついてたかもしれない。

ふっきったつもりが、まだふっきれてなかったのかも・・・・

しかしこれでやっと、俺も落ち着けるかな~という安堵の気持ちも少しです。

彼女とは今も、旦那と家の物件探しや、犬を買った話など面白く聞かしてもらってます。

心から祝福させていただきます。

婚約おめでとうです。花束( ^∀^)o∠※

(注)この物語はすべてフィクションです。(笑)
[PR]
by manzenjirou | 2005-11-19 12:13 | 最近思ったこと

ボジョレヌーボー。

ベタなネタですが早速ボジョレヌーボー買って来ました。ホントは昨日の夜に予約分を取りに行こうかな~と思ってたんですが、さぶい~!という感じでしたのであきらめました。で、さっき行ってきました。今年の出来は良いと言うお話で、ブドウには寒暖の差が激しいほど良くて、今年の気候は、ちょうどそんな感じだったそうです。予約分をもらって、店内を眺めていると少し高い値段のヌーボーが目に付いた。『ヌーボーノンフィルター』という文字が・・・これは無濾過やんな?店員さん捕まえて聞くと、やはり無濾過でした。無濾過の意味を説明しだそうとしたから、それをさえぎって、2銘柄あるがどう違う?と聞いたところ「大きい蔵で結構有名な物と小さい蔵で本数があまり無い物」だそうです。焼酎にしたら白波と万膳か?どっちを選んだかわかりますよね・・・もちろん「小さい蔵で本数があまり無い物」ですよ。まだ開けてないから観想は夜にでもします。結構、味が濃くて美味しいといってたので楽しみです。
[PR]
by manzenjirou | 2005-11-17 15:11 | 興味ある話。

萬膳4。

さっき、在庫整理してたら萬膳の15/12.15 16/10.12 17/10.8?詰めの3本があった。意識して残してたわけやないんやけど、偶然残ったんやろねぇ。これはこのまま置いといてストックしとこかな?しかし、在庫が少ななってきたな~。補充しにいかなあかんわ。
[PR]
by manzenjirou | 2005-11-16 15:13 | 焼酎

シリアルナンバー。

ある焼酎が、2000本限定でシリアルナンバー付きで1年に1回という、文句で発売された。

みんなが、「おっ、2000本か、買っとこうかな」と思った。

手を尽くしてなんとか1本買えたんだが、Bさんは、「おっ、2000/1000番か、やった~」

そしてCさんは、おかしいことに気が付いた。「シリアルナンバーがない?」

そして、騒ぎがおこった。

「シリアルナンバーなんか、ないやんけ!」
「2000本限定なんか、嘘やんけ!」等など・・・・・

焼酎に対して、「限定」、「シリアルナンバー」を求める客。

2000本限定、シリアルナンバー付といったのに、2000本以上売った蔵元。

どちらが、悪いとはいえない。どちらが良いともいえない。

しかし、売り手、買い手という構図で見ると、やはり蔵元が悪い気がする。

焼酎自体がうまければ限定であろうが、シリアルナンバー付だろうが、味が一緒であれば、同じ商品が増産されてもなんとも思わない。むしろ歓迎すべきことだろう。

問題は、ただ1点!「2000本限定、シリアルナンバー付」として売り出したのに、同時期に「シリアルナンバー無し」で売り出したこと。

仮に、2,3ヵ月後に「要望にこたえて、蔵の在庫2000本全部出します!」とかいって、売り出したらどうだったんだろうか?ここまでの非難は受けなかったかもしれない。

焼酎自体の出来は、まだよかっただけに残念。

まぁ、色々と事情があるんだろうが、あきらかに、蔵の戦略ミスです。

みなさん、限定という言葉にだまされないように。(といっても、俺も食いついちゃうんだよな~(笑))
[PR]
by manzenjirou | 2005-11-15 17:27 | 焼酎