面白い画像を随時アップします。クリックすると画像が大きくなります。
by manzenjirou
カテゴリ
全体
焼酎
日本酒
最近思ったこと
在日三世として
興味ある話。
読んだ本の記録
以前の記事
2009年 12月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

失笑、そして憤怒

光市母子殺害事件。

今更説明する必要も無いだろう、この事件。

1審、2審で無期懲役。最高裁がそれでは軽すぎる、もう一度裁判しなおせと言って差し戻しした事案。

そこに目をつけた卑劣で破廉恥な弁護団がいる。安田をはじめとする弁護団。

陳腐で滑稽で遺族や被害者を貶めるでっちあげのストーリー。

それに乗っかった福田という元少年。

1審、2審では全て認めてるにもかかわらず、弁護団が近づいた時点でころっと自白をくつがえす。

ふざけるな!

精神鑑定なんかも異常はでるだろう。そんなもの当たりまえだっつうの!平常心であんなことする奴のほうが怖いわ!

12歳で精神が止まってる?母親の面影を見た?百歩譲ってそれは認めよう。

そしたらその後の行動は12歳の児童がする行動か!

何かで見た本に再生の儀式で死姦をするのを見た記憶がある?12歳児の頭の構造でそんなことするか?しかも母親の面影を見てるならなおさらできねぇだろ!

単なるパラノイア的な陰にこもった性欲をはきだしただけだろう!

そして子供は押入れの天袋に入れた。それは押入れはドラえもんの四次元ポケット。ドラえもんが何とかしてくれるだろうと、思った。

はぁ?正直俺の年から今の小学生までドラえもんと言うのはある種憧れ、永遠のアイドルだ。

押入れはドラえもんが寝る場所。四次元ポケットはドラえもんのおなかにある!

この違いを間違えるはずが無い!上の言い訳はドラえもん世代ではないバカな弁護士共が作った狂言としかいいようがない。

子供をたたきつけて、その上絞殺して、なにがままごと遊びだ!

書いてるだけで腹が立ってきた。

正直、こいつは死刑に間違いないだろう。どんなにあの弁護団が主張しようが無期であるわけがない。

というか、これで無期とかになったら司法制度が崩れる可能性もある。

最後に一つだけ。

今、こいつら糞共の弁護士懲戒請求を煽ってる人らがいる。これは何か違法だそうだが、それでもしたい!少しでも庶民の声をとどかしたいという現れでしょう。

そしてそんな行動に、現役の弁護士たちが弁護活動を阻止するのはやめてくれと立ち上がったそうだ。

確かにこんなことが続けば正当な弁護はできないだろう。でもな、今回のこの裁判に限ってみればどんなことしても糞弁護士の邪魔をするのは下々の内なる声だ。

反対ににお前ら弁護士に聞こう。この弁護は正当か?一連の流れを見て、この弁護団は正しい。と胸を張っていえるか?

何故、その立ち上がった弁護士たちで、逆に安田たちを断罪するように主張しない?

弁護士だから加害者の弁護をするのはしょうがない。それは仕事だし、福田にも人権があるからわかる。でもこの主張はおかしいだろう?

少しでも正義感のある弁護士はいないのか?今出てきたら一躍ヒーローになれるのに。

ちょっと感情の赴くままに書き留めてますので、口が悪いですがご容赦を。

文章のなかで「ストーリー」と使ってますが、遺族のもとむらさんはこの「ストーリー」と言う言葉に対して嫌悪感があるそうです。今回は便宜上かいてますが、これからはなるべく使わなくします。

前から言ってますが、人を殺したら自分の命で償う。それが普通。どんな事情があれそれが正しいことだと思います。そして何か情状酌量があれば罪を減らしていく。

今の日本では無理だが、それぐらいしないとアメリカ以上の変な国になってしまう気がする。
[PR]
by manzenjirou | 2007-06-29 17:57 | 最近思ったこと

うまいかな?

今日、前割の焼酎を仕込みました。

仕込んだのはいいんですが、前の分が邪魔で置けない・・・

あまり混ぜるのも良くないからどうしよう。

残ってるのもなぜか1杯分もない?ちゃんと量って入れてるので足らないはずないし、のころこともないんだけどな?

う~ん・・・・・・

混ぜちゃえ!

八幡をベースに月の中、佐藤、萬膳の1.5:1:1:1の割合のブレンド前割り完成です。

これは賄いようによる飲んじゃお。

うまいかな~。
[PR]
by manzenjirou | 2007-06-27 17:48 | 焼酎

よかった。

前の記事で心配していたが、無事入荷したみたいです。

今回は2,3回に分けていただくことにします。

ただ少し気になることが・・・・・

「もしもし、例のものが入荷しました!」

「あっ、そうですか。で今回は去年と同じ量ですか?」

「はい、すいませんが前の通りで・・・」

「了解です、いつもすいません」

「いえいえ、ただですね、一つ言っておかなければならないことがあるんです」

「えっ?なんですか?」

「値上げになってるんです。芋、麦両方とも。しかも約200円ほど・・・」

「マジで?そしたら1本2???円になるんですか?」

「そうですね・・・何も言われてなかったんです。送ってきて伝票見たらびっくりで・・・・すいません」

ということで値上げされたみたいです。

二人でなんじゃそりゃ?と話しました。消費者をなめとんのか?

そこは1年に1回しか入荷が無いので、もしかしたら1年の間に上がってたかもしれない。

でも、ほかのところで貰ったときにそんなに高くなかった記憶があるので今回からかも?

佐○さんの商品も、この5年間で5~600円上がったが、この蔵の商品も同じくらい上がってる。

少しやりすぎじゃないのか?

俺が思ってた酒じゃなくなるぞ!

ついつい酒屋に言ってしまった。

「もし酒屋さんがむかついて取引やめるなら、やめていいですよ。うちのことはきにしなくていいですから」

今回は様子を見ますが、もしこの1年で又値上げして3000円以上になるなら取り扱いやめるかも。
[PR]
by manzenjirou | 2007-06-25 17:05 | 焼酎

大丈夫かな?

毎年この時期になると、ある銘柄の芋焼酎がケースで入ってくる。

前は五ケースぐらいだったのだが、去年から三ケースと麦1ケースの混成でくる。

酒屋さんにもいろいろな事情があり、それはこちらが了承してるから文句は無い。

反対に貴重な銘柄をそんなにもらえることが、その酒屋さんのすばらしいところです。

その酒屋さんに入ってくる全体数もしってるが、本当にこんなにもらっていいの?という気持ちです。

しかし、6月半ばもこえて来た。

未だ連絡なし。

今年はどうなんだろうか?

前に話したときは「6月中には入ると思う」と言ってたが・・・・・

あの蔵は問い合わせしても電話に出なかったり、変に催促したらもらえなくなりそうなかんじもするので、強いことは言えないんだよな~。

しょうがない、果報は寝て待てとするか・・・・
[PR]
by manzenjirou | 2007-06-18 17:22 | 焼酎

良し、がんばろうぜ!

先日、朝起きたらメールが入ってた。

「おはよう!起きてる?」

前の彼女からだった。

「起きたで~、なんや?」

と返信した。

そしたら、電話がかかってきた。

「おはよう!あのさ~、良いニュースと悪いニュースがあるんだけどどっちがいい?」

「え~?ほんならええニュースのほうを。」

「実はさ、出来ちゃった。赤ちゃん・・・」

「おぉ~!おめでとう!良かったやん。これで俺の今年の目標達成やな(今年の目標は彼女の妊娠と決めてた)笑」

「うん、ありがとう(笑)」

「で、悪いニュースってのは?」

「え~とね、実はね・・・・・妊娠の検査でなんか異常が見つかって子宮頸がんの可能性もあるそうなの・・・」

「えっ・・・・マジで?大丈夫なん?」

「うん、又今度検査するんだけど、まだわかんないの。でも、もしそうだったとしてもとりあえず赤ちゃんを産んでからそっちのほうを直す方向で行くとはお医者さんとは話してるんだけど」

「そうか・・・でも大丈夫矢で!お前は結構体丈夫やし、神さんがそんな殺生なことせんて。」

「そうよね。ありがとう。少し気が楽になったよ」

そして検査の結果がわかったら、又連絡ちょうだいということで電話を切った。

もし彼女が癌だったらどうしよう。といっても俺に出来ることは知れてるし、旦那がいるのだからしゃしゃり出ることも出来ない。

日にちが立ち、ある事件のニュースが世に出た。

「坂井泉水さんが亡くなられました。坂井さんは子宮頸がんとの闘病中・・・・・」

一緒の病気やん!しかも闘病に疲れて自殺の可能性もあるとか・・・・

マジで?

やばい・・・・マジでやったらどうしよう・・・・初期やったら大丈夫なんやろか?・・・・

不安になりながら結果を待ってました。

そして、この前1通のメールがきました。

「おはよう!起きた?え~とね、検査の結果なんだけど、癌細胞は無かった。けど月1で検査は受けるんだけど」

良かった~・・・・・ふぅ~

結果は良かった。けど彼女も坂井泉水のニュースを聞いて驚き、子宮頸がんで闘病中という話を聞いて、目の前が真っ暗になりしゃがみこんだまま動けなくなったりしたそうだ。

新しい生命を宿ったのに、そういう話を聞くのはつらかったろうな・・・・

でも、大丈夫だ!高齢出産にはなるけどお前は大丈夫!俺が保証する。

元気でかわいい赤ちゃんを産んでくれ!

なっ!
[PR]
by manzenjirou | 2007-06-14 17:43 | 最近思ったこと

良かったよ。

血液検査の結果が出た!

半年前には尿酸値が9.6だった。

どんだけぇ~!(うざっ!)

正直、その間休肝日もしてないし、酒量もへってない。

というか、最近ビールが多いし・・・・・

恐る恐る見てみた・・・・・

なんと7,7に減少!

やった!といっても通常値よりは悪いんだけど・・・・

でも全然数値が違うと言うことは、まだ伸びしろがあるわけで・・・・

飲むぞ!ガンガン!嘘!

普通につつましく飲んで生きます。

体が大事だしね。

後の数値もほぼ完璧!HDLコレステロールが若干高いけど善玉だから大丈夫。中性脂肪なんて37ですから~。総コレステロールもクリア!

内臓は元気だけど外側がガタついてきた今日この頃、36歳の初夏です。
d0062164_1605321.jpg

[PR]
by manzenjirou | 2007-06-11 16:00 | 最近思ったこと

値上げ。

霧島酒造が値上げをすることを先日発表した。

諸経費(物流費、焼酎粕処理費用、原料原価、原料保管費、設備費用等)が高騰したため。

1升瓶換算で101円の値上げです。

ちなみに霧島は24万石製造してるそうです。

ということは、1升瓶で2400万本!

1日あたり65753本!

マジですか?

米の川崎酒造や麦の久保酒造さんは年間60石(6000本)。ということは1日で10年分の製造量!

2400万本×101円ということは24億2400万円の売り上げ増になる。

あってるよね?

これが今まで値上げしてなかったから、諸費用の高騰のためという理由で得る単純計算した売上です。

今回の値上げが正しいのかどうかはわかりません。

まぁ、元々の値段も安いし多少高くなっても許容範囲だと思います。

でもやはり、焼酎は安いほうがいいな~。
[PR]
by manzenjirou | 2007-06-06 17:19 | 焼酎

でっせだっせ。

昨日焼酎でっせに行ってきた。

まぁ、ミクシィの日記にも上げたから詳しいことは省く。

というか、思ったことを勝手に書いてみる。

2年前と今回出席しましたが、あきらかに違うことがある。

それは・・・・・・・

焼酎の威光!

前の会では、蔵元に名刺を配るのは禁止。もちろん蔵元からもいただけないと言うルールがあった。なぜかある種の緊張感もあった。


各ブースに行くときも人気銘柄のブースは超満員でてんやわんやだった。

今回はどうか?

今回名刺を忘れていったのだが、蔵元さんからのほうから名刺を貰うのは普通になってる。各ブースも確かに人気蔵元のブースは盛況だが、前ほどの混乱はない。

実行委員の方たちも、何かしらの警戒感があったのだが今回は無い。

なぜか?

いわゆる有名蔵の焼酎は、でっせに行くぐらいの客なら自分で買える。または店で飲める。反対に今回はいつも飲まない焼酎を目当てに飲むという趣旨になってる気がする。

正直、焼酎の需要、客の質の底辺が底上げされたのだろうと推測される。

それが良いか悪いかは各蔵元の営業努力次第でしょう。無論、酒販店、飲食店も努力が必要だ。

前から言うように、銘柄目当ての客はいまや30%。残りの70%は焼酎!麦、芋なんもいい。安いの!ッて言う感じに変わってる。まぁうちの客だけかもしれないが。

今回のでっせは、なんか仲間意識を強く感じた。

でっせのスタッフ、蔵元、客とみんな仲が良い。お友達って感じ。

それが悪いと言うのではない。

でも、この会をもっと続けていこうというのならば、何かしら緊張感のある会にしたほうが良いかな~とも思う。

でも、今回のフレンドリーな感じも悪くない。蔵元、スタッフ、客の一体感も味わえるし。

しかし、2年前と今回は全く一緒。間の催しが変わってるが基本は一緒。マンネリ化していくのが目に見える。でもあの時間、客の多さから考えると、今以上のことを考えるのはしんどいだろう。

う~ん、書いててまとまらなくなってきた。

せっかく書いたのでアップするが、言いたいことが書けない。というかわからなくなってきた(笑

ただいえることは、もっと危機感をもたないとダメ。銘柄で売れる時代は終わった。

これからはいかにして、価値を高めていくか?希少性なども含めて問われていくだろう。

そして二極化かな?希少性があって味に定評がある、いわゆるプレミア物と安くいつでも買えてうまいという日常酒。この二つが勝っていき、その間の酒はしんどくなることでしょう。

現在の日本の環境、セレブとプアーの差が激しく、中流が少ないとうのと同じだな(笑

ま、楽しかったからいいか。

これからも焼酎を盛り上げていきましょう!
[PR]
by manzenjirou | 2007-06-04 23:20 | 焼酎